ふたばだより

梅雨の時期は気圧が低く、体調が悪くなります

2021年6月号(第331号)

雨が降るということは低気圧が来ているということで、気圧が低いと身体の血行が悪くなり、身体がだるかったり、めまいや耳鳴り、耳がふさがる、腰や膝の痛みが強くなります。

人間は気候により身体の状態が変化します。悪くなって病気になることを気象病といいます。

魚は雨模様の気圧が低い時は浮袋が膨らみ、魚は上層に浮いてくるために活発になります。このように生き物は常に気候に左右されるのです。

雨が降っていると外を出歩かなくなりますので、運動不足になり、それだけでも体調が崩れそうです。雨が降っているとジメジメしてゆううつになります。コロナ禍で気持ちが落ち込んでいると、この時期はさらに落ち込みが激しくなります。体調がすぐれないと不安になり、益々状態が悪くなることが予想されます。

6月のこよみ

5日(土) 芒種
20日(日) 父の日
21日(月) 夏至

このような時期に体調が悪くなった時にどうしたらいいでしょうか。

まず最初に、このような症状は今の時期だけなのだから、梅雨が明ければ体調が戻ってくるので、気にしないようにしましょう。気楽に考えると気持ちが落ち着きそれだけで症状が改善する場合があります。

次に、できれば身体を動かすことです。散歩が最適です。今の時期、コロナが気になるので、天井の高いアーケード付きの道でしたら雨をしのげて安心です。気分転換と適度な運動で自律神経を鍛えましょう

気持ちが落ち込むと睡眠にも悪影響を及ぼします。眠れないと身体を動かす気力がなくなり、身体を動かさないと疲れないから眠れないという悪循環が起こります

鍼治療は血行を良くし、自律神経のバランスを整える良い治療法です。鍼治療と散歩で今の時期を乗り越えてください。

ぎっくり腰にもいろいろな種類があります

2021年5月号(第330号)

ぎっくり腰に対しては鍼治療が非常に有効であることは皆さんご存じ通りかと思います。
しかし、どのくらいで良くなるのでしょうか?
そもそもぎっくり腰は安静に寝ていればそのうち良くなってきますが、1週間も2週間も寝たきりですと仕事への復帰が遅れますし、老人では良くなる前に寝たきりになってしまいます。
そこで鍼治療の登場です。
鍼治療により、1日でも早く復帰できるようにし、筋力低下を防止することが可能です。
しかし、治療経過には1回で治癒するものや何回もかかるものがあります。

若い人で重い物を持った瞬間に初めてぎっくり腰になった人は1回で良くなることが多いです。

しかし、40歳以上の人で前から腰痛を持っていて、ぎっくり腰に何回もなった人は治療回数が何回もかかります。
回数を重ねるたびに治りが遅くなりますし、ぎっくり腰を起こす間隔が短くなります。

腰への疲れが徐々に溜まってきた人はちょっとした動作でぎっくり腰を起こします。
朝に顔を洗うために中腰になったり、下の物を取ろうとかがんだ瞬間、上の物を取ろうと背伸びをした時など典型的な動きでぎっくり腰を起こします。
これは筋力低下でも起こってきますので、定期的な運動習慣がない人、足腰をよく使うが、仕事の疲れでそれ以上運動をしない人などもこのようなぎっくり腰になりやすく、治療は長引きます。
朝起きた時に痛くて動いていると徐々に良くなる人、痛む場所が骨盤に近く腰の下の方の人も治療が長引きます。
一方、仕事の疲れが溜まってくる夕方の方が痛い人や、痛む場所が骨盤よりも少し上の方の人は早く良くなることが多いです。

運動不足による筋力低下や長引いている腰痛を持っている人は治りが遅いですが、鍼治療で少しでも早く良くなるようご相談下さい。

新年度の始まりは自律神経の乱れの始まり

2021年4月号(第329号)

毎年4月になりますと、自律神経の状態を悪くして様々な症状を訴えられて来院される人が多くなります。ましてや、コロナ禍ではさらに増加すると思われます。
新年度は新しい出発の時であり、環境が大きく変わる月です。
学生さんは学校や学年が変わり、社会人は新しい仕事や部署が変わり・・。周りの環境が大きく変わり、余計に神経を使う時期で、自律神経を酷使します。
暖かくなり、自然界の環境も変わるので、それに適応するために自律神経がたくさん働き、自律神経の疲れが出てきます。

コロナ禍ですでに環境が変わり体調を崩されている人が多い中で、これから梅雨の間は要注意です。

めまい、耳鳴り、頭痛、食欲不振、胸やけ、だるい、眠れない、肩こりなどの症状が出てきたり、もともとあった症状が強くなったなどがありましたら、間違いなく自律神経の状態が良くないことによって起こっているものだと思って下さい。

このような症状が出てきた場合、どのように克服していったらいいのでしょうか。
誰でもできる方法を述べてみたいと思います。

自律神経は必要以上に興奮すると状態が悪くなります。自覚する症状を必要以上に気にしたり、「このままでは将来が不安」といった心配をすることが悪化する原因となります。
また、体調が良くないと外出もしずらくなり、気分をリフレッシュすることができなくなり、益々症状が強くなることが予想されます。
そこで、余計なことを考えず、時期が来ると症状が楽になるという軽い気持ちになることが大切です。
コロナ禍で外出をひかえがちですが、そうではありません。こういう時だからこそ、密を避けた散歩で体を動かし、免疫力を付けると同時に気分転換を図り、ある時はリラックスして自律神経を良い状態に導きましょう。

鍼治療は自律神経を整え、リラックスさせることができる良い治療法ですので、規則正しい生活と適度な運動と鍼治療で克服していきましょう。

体調を整えましょう

2021年3月号(第328号)

「三寒四温」といいますが、今の時期はまさしくこれに当たります。ということは、温度差が激しく、身体に負担が来る時期でもあるのです。
常に体調を整えておかないと、すぐに悪くなる時期であり、体調が悪いと様々な方面に悪影響を及ぼします。特に自律神経のバランスが崩れます。
たとえば、免疫力が弱くなるので、コロナにかかりやすくなります。今の時期、インフルエンザもあるでしょう、ノロウイルスもあります。感染予防対策が必須です。

胃腸の調子が悪くなるので、食欲が低下し、栄養が摂れないので、日中の活力が低下し運動できなくるので、身体が疲れず眠れなくなってきます。
また、体温調整がうまくいかないので、急に汗が出たり、顔だけ暑くなったり、微熱が出たり・・。
めまい、耳鳴り、難聴などの症状が新たに出たり、今まであった症状が強く出たり
します。

コロナ禍で不自由に感じたり、不安に感じたりすると、余計に体調が悪くなり、ひどい場合にはうつ症状が出ることがあります。
コロナに対するワクチンも大切でしょうが、日常生活の見直しはもっと大切なことに思います。
日常生活をきっちり行い、三密を避けて生活すれば問題ないと思います。そして、自律神経をいたわり鍛えることだと思います。
それには、適度に体を動かし、身体全体の血行を良くすること。もちろん汗がかければ申し分ないのですが、今の時期は難しいです。
そして、リラックスする時間を1日に15分くらいは作りましょう。
身体に対してこのようにメリハリをつけることで体調を整え、今の気象の変化に備えることができます。
鍼治療も自律神経のバランスを整えることができる良い治療法です。
是非ご相談ください。

鍼治療は人に合わせた治療ができます

2021年2月号(第327号)

新型肺炎コロナウイルスの終息はまだまだ先のことのようです。
このウイルスに感染しないようにするために必要なことは、マスク、うがい、手洗い、人がたくさんいる所には行かないことです。
これさえやっておけば感染する確率が減ります。
それともう一つが、体調管理です。ウイルスにかかりにくくするために免疫力を上げるための体調管理は、十分な睡眠とバランス良い食事、適度な運動です。
これらを心がければウイルスなんか怖くありません。自信を持って過ごしていただければと思います。

体調を整えるには鍼治療も大変有効です。
鍼治療は自律神経に働きかけ、様々なストレスによって悪くなった自律神経の状態をリセットしてくれます。

これにより、めまい、耳鳴り、肩こり、胃腸の調子が悪い、体がだるいといった検査に異常がないにもかかわらず出てくる症状を解消してくれます。
また、様々なホルモンバランスを整えたり、免疫力をアップさせる効果があります。

ここで問題なのは、漢方薬のように人を選ぶのかということです。
たとえば、葛根湯は風邪のひき始めに効果がありますが、冷え性などいわゆる虚弱体質の人には効果が少ない場合があります。
鍼治療を受けた人の中には「私は鍼が合わない」という人がいますが、鍼治療は人を選びません。というよりも、現在存在する治療法の中で鍼治療はその人に合わせて治療できる唯一の治療法で、いわゆるオーダーメイドの治療法です。
もちろん、鍼治療の刺激量などを間違えると効果がりませんが、これを見極める能力のある治療家は常にそのことを念頭において日常の診療を行っています。

病気の治療はもちろん、健康管理ができ、予防効果のある鍼治療で、調子が悪くなったら早めに来院していただき、ご相談下さい。

健康管理の鍼治療を受けましょう

2021年1月号(第326号)

昨年猛威をふるったコロナウイルスですが、今年も多いようです。
コロナウイルスにかからないように対策をしていきましょう。

昨年もお話したように、バランス良い食事と適度の運動、質の良い睡眠をとって体調を整え、免疫力を上げる必要があります。
鍼治療も免疫力を上げる良い治療法ですので、継続してお受け下さい。

上記しました食事・運動・睡眠ですが、このどれかを怠ると3つとも悪くなります。
運動をしないと体が疲れないので眠れない、お腹が減らないので食べれない、食べれないから動けないといった悪循環を招きます。
ここで実際にあったお話ですが、腰や膝が悪くて歩けない日々が続いたら眠れなくなったということでした。

食事もおいしくなく、しょうがないので、痛み止めの薬と睡眠薬を飲んでいたら、さらに体がだるくてイライラするようになったということでした。
身体が動かせないと運動できませんのでおなかが減らないので食事はおいしくないですし、疲れないので、眠れない状況です。

そんな状態から何とかしようとして薬に頼るとどうなるでしょうか。

痛み止めは胃を悪くします(同時に胃薬を飲みますが胃が弱い人はカバーできません)ので食欲が低下します。
睡眠薬はどんな弱い薬でも体に残り、次の日の活動を低下させ、だるくなり副作用としてイライラも出てきます。

と考えると、もうおわかりですね。薬によりさらに悪い状態を作っています。

腰や膝の痛みは冷えや運動不足による筋力低下が引き起こすことが多いので、自分でやれる程度の運動を心がけることが一番の近道であり、健康の第一歩です。

今年も鍼治療で病気にならないような身体作りを目指し、調子が悪くなったら早めに来院していただき、ご相談下さい。

PAGE
TOP

pagetop
MENU