ふたばだより

鍼治療は人に合わせた治療ができます

2021年02月20日更新

2021年2月号(第327号)

新型肺炎コロナウイルスの終息はまだまだ先のことのようです。
このウイルスに感染しないようにするために必要なことは、マスク、うがい、手洗い、人がたくさんいる所には行かないことです。
これさえやっておけば感染する確率が減ります。
それともう一つが、体調管理です。ウイルスにかかりにくくするために免疫力を上げるための体調管理は、十分な睡眠とバランス良い食事、適度な運動です。
これらを心がければウイルスなんか怖くありません。自信を持って過ごしていただければと思います。

体調を整えるには鍼治療も大変有効です。
鍼治療は自律神経に働きかけ、様々なストレスによって悪くなった自律神経の状態をリセットしてくれます。

これにより、めまい、耳鳴り、肩こり、胃腸の調子が悪い、体がだるいといった検査に異常がないにもかかわらず出てくる症状を解消してくれます。
また、様々なホルモンバランスを整えたり、免疫力をアップさせる効果があります。

ここで問題なのは、漢方薬のように人を選ぶのかということです。
たとえば、葛根湯は風邪のひき始めに効果がありますが、冷え性などいわゆる虚弱体質の人には効果が少ない場合があります。
鍼治療を受けた人の中には「私は鍼が合わない」という人がいますが、鍼治療は人を選びません。というよりも、現在存在する治療法の中で鍼治療はその人に合わせて治療できる唯一の治療法で、いわゆるオーダーメイドの治療法です。
もちろん、鍼治療の刺激量などを間違えると効果がりませんが、これを見極める能力のある治療家は常にそのことを念頭において日常の診療を行っています。

病気の治療はもちろん、健康管理ができ、予防効果のある鍼治療で、調子が悪くなったら早めに来院していただき、ご相談下さい。

PAGE
TOP

pagetop
MENU