ふたばだより

体調を整えましょう

2021年03月20日更新

2021年3月号(第328号)

「三寒四温」といいますが、今の時期はまさしくこれに当たります。ということは、温度差が激しく、身体に負担が来る時期でもあるのです。
常に体調を整えておかないと、すぐに悪くなる時期であり、体調が悪いと様々な方面に悪影響を及ぼします。特に自律神経のバランスが崩れます。
たとえば、免疫力が弱くなるので、コロナにかかりやすくなります。今の時期、インフルエンザもあるでしょう、ノロウイルスもあります。感染予防対策が必須です。

胃腸の調子が悪くなるので、食欲が低下し、栄養が摂れないので、日中の活力が低下し運動できなくるので、身体が疲れず眠れなくなってきます。
また、体温調整がうまくいかないので、急に汗が出たり、顔だけ暑くなったり、微熱が出たり・・。
めまい、耳鳴り、難聴などの症状が新たに出たり、今まであった症状が強く出たり
します。

コロナ禍で不自由に感じたり、不安に感じたりすると、余計に体調が悪くなり、ひどい場合にはうつ症状が出ることがあります。
コロナに対するワクチンも大切でしょうが、日常生活の見直しはもっと大切なことに思います。
日常生活をきっちり行い、三密を避けて生活すれば問題ないと思います。そして、自律神経をいたわり鍛えることだと思います。
それには、適度に体を動かし、身体全体の血行を良くすること。もちろん汗がかければ申し分ないのですが、今の時期は難しいです。
そして、リラックスする時間を1日に15分くらいは作りましょう。
身体に対してこのようにメリハリをつけることで体調を整え、今の気象の変化に備えることができます。
鍼治療も自律神経のバランスを整えることができる良い治療法です。
是非ご相談ください。

PAGE
TOP

pagetop
MENU