診療日記

頭痛を訴えられて来院される学生さんが多いです

2021年07月08日更新

先日、頭痛を訴えられて来院された学生さんがおみえになりました。
診察すると、首の骨や筋肉の状態が悪くて起こる頭痛とは違った頭痛です。何か心理的にストレスを抱えて起こる症状の一つだと考えました。
つまり、めまいとか耳鳴り、難聴、胃腸の調子が悪い、身体がだるいといった自律神経の失調からくる症状の一つであると考え、鍼治療を開始しました。

先週の木曜日に東洋医学研究所の症例検討会に参加した際、メンバーが起立性調節障害による頭痛を訴えられた学生さんの症例を報告されました。
その時に、同じように頭痛を訴える学生さん(主に中学生)が来院していますと報告したメンバーが複数いて驚きました。

ということは、心因的な原因だけでなく、季節的なものも入っている可能性が高いことがわかり、このことも加味した治療とアドバイスが必要であることがわかりました。
頭痛は2~3回の鍼治療で完治する人もいますが、長く治療がかかる人もいます。
様々な原因を考えながらサポートしていきたいと思います。

PAGE
TOP

pagetop
MENU