2015.04.30更新

関節の痛みは人間が二足立歩行を行うようになって起こってきた宿命ともいえるものです。膝の関節、腰の関節、肩の関節など大きな主要な関節がありますが、 これらの関節の中には皆、関節軟骨というものが存在しています。この軟骨が丈夫であれば、痛みが出てこないのですが、関節の部分的に体重や負荷がかかって くると軟骨がすり減ってきます。この時に人間の体は炎症を起こして痛みを出し、「注意して使うように!」という警告反応を出すのです。
ということは、関節が痛いから痛み止めの薬を飲んで痛みを和らげようとすることは間違った治療であると思います。しかし、痛いから動かないので、周辺の筋 肉が弱って寝たきりといった最悪な状態にならないようにする目的で服用するが主な目的となります。ここで、間違えたらいけないことは、薬を飲んで痛みが和 らいでいるから大丈夫、だからいいんだという考えですと、しばらくするとまたその痛みが襲ってきます。関節の部分的な負荷が過剰にかかる状態とは、周辺の 筋肉が弱ってきているから起こるので、根本の治療ができていないからなのです。
したがいまして、関節の痛みを和らげるには適度に動かすことが大切なことで、動かすことにより血行が良くなり、炎症が減って痛みが減りますので さらに動けるようになるという流れが基本になります。この時に鍼治療も重要な役割をしており、血行を良くして痛みをある程度和らげ、動かすことによる筋肉 疲労をとり、筋肉の発達を良くしていくといった効果があります。
最近、少し暖かくなりましたが、うっかりすると冷えで調子を崩す人が出てきます。冷えにより、関節の痛みが増しますので、温められることをお薦めします。
鍼治療は筋肉の血行を良くし、効果的に筋肉を丈夫にできる良い治療法だと思います。心当たりがある人はご相談ください。

投稿者: 二葉鍼灸療院

2015.04.30更新

寒い日が続いています。このような時には身体の各部位の痛みがある人が多くなっています。冷えから首からくる痛みが増したり、腰からくる痛みが増したりするのはご経験があると思います。意外と知られていないのが筋肉が原因の痛みです。
普段からしている行動、例えば炊事・洗濯・布団干しをはじめ、普段からしている仕事など何のこともないような動きが原因で筋肉を痛め、1~2ヶ月以上も続く痛みとなって苦痛に感じるようになっている人も多いのです。
この原因は冷えによるものと、寒さのための運動不足が筋肉を弱らせて痛みがでるのです。筋肉はある程度使っていても年齢とともに弱っていくので、使わない 人はその弱りのペースが早くなっていきます。怖いのは、これを自覚することが少ないということです。しかし、最近疲れやすくなったなぁと思うようになった ら完全にはじまっています。
筋肉痛というと激しい運動後、1~2日くらいで起こる急性の痛みでこの痛みは2~3日もすると痛みがなくなるものです。しかし、今回の筋肉の痛みは普段か らしている動きで痛めるものですので、なかなか治らない慢性の筋肉の痛みと考えて頂いていいものです。痛いので安静にされる人が多くいて、もしかすると半 年以上も続く場合もあります。
したがいまして、このような時には動かして筋力を高めていきながら治していくようにしないといけないのです。動かすことによりその部分の血行を良くし、筋肉を丈夫にしながら、普段の動かしができるくらいに戻していくことが必要なのです。
部分を肌着に貼るカイロを付けるのもひとつの方法です。
鍼治療は筋肉の血行を良くし、効果的に筋肉を丈夫にできる良い治療法だと思います。心当たりがある人はご相談ください。

投稿者: 二葉鍼灸療院

2015.04.30更新

肩が痛いから五十肩?とおっしゃられて来院される患者さんが多いです。
しかし、肩が痛いから五十肩とは限りません。五十肩は確かに肩の痛みがありますが、日中は肩を上に上げる時に痛くなる場合をいい、五十肩の 原因は不明ですが、おおむね老化の一種であるとする場合が多いように思います。どちらにしても、老化が理由であれば治りにくいものです。同じ肩の痛みでも 1~2ヶ月で痛みが取れてくるものは五十肩ではないということになります。
さて、五十肩になってしまったら、放置しておいても1~2年くらいで治ってきます。長いと3年かかったと言われる人がいます。その間、肩を 上げると痛いという症状に悩まされるやっかいな病気です。寝ている時に寝返りをした時にズキンと痛みが出て目が覚める時もあります。
こんな症状が何年も続くのは嫌ですね。したがって一刻も早く治した方がいいと思います。
そこで、鍼治療の出番です。といっても老化が原因であるため、どうしても時間がかかってしまいます。治療の間は強烈な痛みが少なくすむのも 鍼治療の良いところではあります。肩関節の血行を常に良くしてあげることでそんな症状を軽減することは可能です。しかし、完全に良くなるのには1年くらい かかる場合もあります。
そして、五十肩の場合、痛みのために肩の関節を動かさないので、肩関節が固くなり、ひどい場合には肩関節が固まって動かなくなってきます。 当院ではそうならないように、肩関節の動きを良くするために腕の上げ下げや回転を促す運動を併用しながら、治療を行っています。50歳代に多いから五十肩 という名前がつきましたが、五十肩は誰にでも起きる可能性のある症状です。
鍼治療は肩の関節の血行を良くし、痛みを軽減する効果的だと思います。早めの治療開始の方が早く良くなりますので、ご相談ください。

投稿者: 二葉鍼灸療院

2015.04.30更新

新年、明けましておめでとうございます。
最近の気候は夏は暑く、冬は寒い、春と秋の期間が短い傾向にあります。これからは、夏の夏バテや冬の冷えで体調を崩される人が多くなってくることでしょう。
このような状況の中で夏や冬の体調を整えるためには夏に運動をして冬に備える身体作り、冬に運動をして夏に備える身体作りが必要となってきます。夏に暑い から冷房の部屋に長時間いたり、冬に暖房の部屋やコタツに長時間いることにより運動不足になり、体力が衰えて厳しい季節に打ち勝つことができなくなりま す。
当院に通院されている患者さんで歩くことが日課になった、歩かないと不安で物足りないというような気分になられている人が多くなってきました。大変いいことだと思います。
昨年は身体を動かすこと、つまりウォーキングの良さをいろいろ述べさせて頂きました。
要するに、身体を動かすことで筋肉が丈夫になり基礎代謝が高まって体力がついてきます。そうすると身体全体の血行が良くなり、痛みが和らぎます。
身体を動かすことで汗をかきますが、これは自律神経を鍛える良い方法であり、結果として様々な自律神経症状を軽減し、自律神経が整ってくると免疫力がアッ プして風邪をひきにくくなります。女性であれば女性ホルモンのバランスも整ってきます。ストレスを解消でき、うつ病などにも効果があると言われています。
人間は誰でもそうですが、楽をしたいと思います。薬を飲んで治れば楽ですが、薬では治らないものが多く、自分で努力してはじめて効果が現れるものが多いのが現状だと思います。
鍼治療は運動の効果とよく似ていますので、運動と併用して行うとより効果的だと思います。

投稿者: 二葉鍼灸療院

2015.04.30更新

今年は秋が短く、あっという間に通り過ぎ、急に寒くなりました。
寒さによる冷えから、もともと調子が悪い腰や膝、肩に痛みを強く感じるような患者さんが増えてきています。調子が悪い所はもともと血行が悪く、寒さにより さらに血行が悪くなって痛みが強くなるためです。また、寒さにより体温調節がうまくいかず、急に身体が熱くなったり、微熱が出たりの繰り返しの人もおみえ になります。季節の変わり目は体調が悪くなる人が多くなる原因はこういったことから始まるものと思います。
さて、この冷えを解消できる方法は外から温める方法と中から温める方法があります。
外から温める方法としては、肌着に貼るカイロなどを到着する方法です。痛みがある部分に貼ることで温めて血行を良くする方法です。その他、身体全体を温める方法として生姜湯などを飲んで温める方法です。
中から温める方法は、身体を動かすことです。運動することで筋肉を使い、筋肉がポンプの役割をして血行を良くして、身体を中から温めることができます。こ の方法は長時間持続しますし、歩くことで足を使えば足の冷えを、手を振って歩けば手や指の血行を良くし、肩の血行が良くなれば肩こりにも効果があります。 また、運動により自律神経が鍛えられ、体温調節もスムーズにできるようにあり、一石二鳥だと思います。
普段から歩く習慣をつけ、部分的にカイロなどで身体を温め、生姜湯などの身体を温める飲み物などをいただきながら、来年も寒さ対策を行って下さい。
何事も薬に頼るのではなく、「自分で汗する」ということが肝心なのです。
鍼治療は血行を良くする方法のひとつですので、上記の事柄と併用して行うとより効果的だと思います。

投稿者: 二葉鍼灸療院

月に一度、お体と鍼灸にまつわるお話をご紹介しております

名古屋市にある当治療院では、毎月の月初めに「ふたばだより」を発行しております。お便りの内容はホームページでもご確認いただけますので、ぜひご覧ください。
月ごとに、起こりやすい体の不調を取り上げ、東洋医学や鍼灸治療の作用などを解説しております。冬の寒い時期には風邪やインフルエンザ、春先には花粉症など、お困りの方が多い症状とその原因や改善法などについて書いております。
「ふたばだより」をお読みになって、名古屋市の当院に初めてご来院される患者様も珍しくありません。鍼だけでなく、東洋医学に造詣の深い院長なら安心と足を運んで頂いております。東洋医学に詳しく鍼治療のベテラン院長が施術をいたしますので、お気軽にご相談ください。