2015.10.20更新

 肩こりを強く訴えられて来院される患者さんが増えていています。本来、肩こりは運動器疾患(腰痛、膝痛、肩関節痛など)ではないと私は考えています。
その証拠に、肩こりを強く訴えられる人でも実際に肩を触ってみると、あまり硬くなく、こった感じがないような人が多くみられます。逆に肩こりを知らないと言われる人でも肩が非常に硬く、いかにも肩こりがあるように感じる人もいます。
この差は何なんでしょうか?本来、同じ姿勢を維持することで筋肉に疲労がたまって肩こりを感じる人はやはり肩が硬いですが、それ以外が原因の人はあまり硬さがないように思います。
それ以外の原因の人とは、糖尿病や高血圧などの 生活習慣病をお持ちの人や運動不足やストレスをお持ちの人などです。
めまいや耳鳴り、胃腸の調子が悪い、身体がだるい、眠れないといった、いわゆる不定愁訴としての症状のひとつとしての肩こりがあります。実際、これが原因で肩こりを訴えられる人が実は多いのです。こういった肩こりは肩の皮膚のすぐ下からパーンと張ったような肩こりです。一方、筋肉の疲労からくる肩こりは下の方のスジがゴリゴリし
た状態です。
不定愁訴としての肩こりの場合には、どれだけマッサージをしても良くなりません。逆に益々肩こりが強くなってくる傾向にあります。これは、不定愁訴は自律神経のバランスを崩して起こることが多いので、単純にマッサージでは良くならないと思います。
鍼治療は自律神経の状態を整え、特に副交感神経を高める(リラックスする)作用が報告されており、不定愁訴としての肩こりにも効果があります。もちろん、筋肉疲労にも最適ですので、是非相談ください。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
二葉鍼灸療院
http://www.futaba-shinkyu.net/
住所:愛知県名古屋市港区港楽3-2-7
TEL:052-653-2849
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

投稿者: 二葉鍼灸療院