2015.04.30更新

歩くと足の裏、特にかかとが痛かったり、足の関節の痛みを訴えられる患者さんが多くみられます。この原因は何でしょうか?
まず、体重増加が招く痛みもあると思います。そして、次に考えられるのが、足の筋肉の弱りからくる痛みもあります。私はこのどちらかだと思いますが、後者の方が多いように思います。
足の筋肉の弱り・・、もっと具体的にいうと、太ももの後ろの筋肉の弱りです。
太ももの後ろの筋肉は膝の関節を曲げる時に使う筋肉ですが、この筋肉のもうひとつの働きが、歩行時にかかとから着地する際にズドンと降りるのではなく、緩やかに降りるように作用するのです。
つまり、この筋肉が弱ってくるとブレーキをかけることができなくなり、ズドンとかかとから降りるようになってしまい、それを1日に何千回と繰り返し行うために生じる、かかとの炎症なのです。足裏の筋肉の炎症なのです。
同じように、この筋肉が弱ることにより足の関節にも無理が重なり、捻挫などでの痛みの原因となる靭帯 (骨と骨をくっつけている線維) が引き伸ばされて痛みが出てくるものと考えられます。
自分では普通に歩いているようでも、自分では意識していなくても、ふとももの筋肉の弱りにより足の関節や足の裏に負担がかかって痛みが出てくるのです。こ の原因を改善すればいいのですが、足の筋力をつけるためには歩かなくてはいけません。でも、痛くて歩けない・・。こんな悩みを解消するのが鍼治療です。
鍼治療で足裏の筋肉や関節の靭帯の血行を良くして痛みを和らげ、歩きやすくしそれからしっかり歩いていただくという治療法が最善の道だと思います。
足の痛みで変な歩き方をしていると膝関節や腰にも負担がかかり、この部分の痛みが出てきますので、早めに相談下さい。

投稿者: 二葉鍼灸療院