2013.12.11更新

私達の生活様式が昔からすると改善されてきたことにより、昔では無かった病気が多くなってきたなと思います。昔といっても今から30~40年前のことですが、この頃から急激に経済が成長し、住居が密閉式になり、室内温度管理が簡単にできるようになったり、トイレの様式が変化して衛生面がよくなり、食べ物が良くなってきたこと、仕事内容が目を酷使するパソコンに変化したことなどから、様々な病気が起こるようになってきました。もちろん、昔の生活がいいというわけではありませんが、環境の変化により変わってきたものと思います。
昔はアトピーとか花粉症はありませんでしたし、生活習慣病なんて言葉もないくらい糖尿病などは少なかったイメージでした。緑内障も少なかったイメージです。うつ病や自律神経失調症の人も少なかったと思います。
部屋の温度を快適に保つことができるようになったことが自律神経への影響もあるかもしれません。食事が欧米化して交通機関の利便性が増して糖尿病が爆発的に増えたことは周知の通りです。
現在はこのような背景からなのか、自律神経のバランスを崩して自律神経失調症やうつ病を発症される人が多くなり、日常生活に支障が出て困られている人が多いです。当院でもこのような症状を訴えられる人が多く、鍼治療がこういった病気に良いことを述べさせて頂いています。
鍼治療はホッとしたり、リラックスする状態を作る副交感神経を高め、「癒し」の治療を実践しています。
当院では副交感神経を高めることが医学的に証明された治療法を行っていますので、安心してお任せ下さい。

投稿者: 二葉鍼灸療院