2015.04.30更新

歩くと足の裏、特にかかとが痛かったり、足の関節の痛みを訴えられる患者さんが多くみられます。この原因は何でしょうか?
まず、体重増加が招く痛みもあると思います。そして、次に考えられるのが、足の筋肉の弱りからくる痛みもあります。私はこのどちらかだと思いますが、後者の方が多いように思います。
足の筋肉の弱り・・、もっと具体的にいうと、太ももの後ろの筋肉の弱りです。
太ももの後ろの筋肉は膝の関節を曲げる時に使う筋肉ですが、この筋肉のもうひとつの働きが、歩行時にかかとから着地する際にズドンと降りるのではなく、緩やかに降りるように作用するのです。
つまり、この筋肉が弱ってくるとブレーキをかけることができなくなり、ズドンとかかとから降りるようになってしまい、それを1日に何千回と繰り返し行うために生じる、かかとの炎症なのです。足裏の筋肉の炎症なのです。
同じように、この筋肉が弱ることにより足の関節にも無理が重なり、捻挫などでの痛みの原因となる靭帯 (骨と骨をくっつけている線維) が引き伸ばされて痛みが出てくるものと考えられます。
自分では普通に歩いているようでも、自分では意識していなくても、ふとももの筋肉の弱りにより足の関節や足の裏に負担がかかって痛みが出てくるのです。こ の原因を改善すればいいのですが、足の筋力をつけるためには歩かなくてはいけません。でも、痛くて歩けない・・。こんな悩みを解消するのが鍼治療です。
鍼治療で足裏の筋肉や関節の靭帯の血行を良くして痛みを和らげ、歩きやすくしそれからしっかり歩いていただくという治療法が最善の道だと思います。
足の痛みで変な歩き方をしていると膝関節や腰にも負担がかかり、この部分の痛みが出てきますので、早めに相談下さい。

投稿者: 二葉鍼灸療院

2015.04.30更新

(公社)全日本鍼灸学会第63回学術大会が愛媛県松山市において5月16日(金)から18日(日)の三日間開催されました。参加者1800人で盛大に開催されました。この間、診療をお休みをさせて頂きました。ありがとうございました。
この大会で目立ったものが、抗がん剤による副作用の改善が鍼治療が有効であるという報告が多数あり、臨床報告だけでなく、ネズミを使った基礎的な実験から も神経障害を鍼灸治療で改善することができるというものです。当院ではもともとこの副作用の改善のみならず、予防にも着目しており、興味深く拝聴させてい ただきました。
そして、一番のメインは自律神経の調整を鍼治療で行うという発表が多くありました。現在、東洋医学研究所並びにグループでこの研究は世界で初めての論文が 出されており、さらなる発表が行われ、このジャンルでは私達の東洋医学研究所グループはリーダー的な存在であります。
鍼治療により自律神経の副交感神経を高めることを以前より報告されており、鍼をするとズーンとするような感覚が残るような治療をすると逆に交感神経が興奮してしまいます。優しい鍼治療が身体をリラックスさせることになります。
私達は仕事や家事などの時間に追われ、日中は緊張状態が続いています。そして、夕方から夜にかけて緊張状態がほぐれ、副交感神経が高まってリラックスして きて眠れるのですが、日中の緊張状態が強いと夜になっても緊張状態が残り、眠れなくなり、疲労が取れず、次の日には調子を崩すことになります。
こんな状態を立て直すためにも、副交感神経を高めてリラックスできる鍼治療がお勧めです。これが「癒し (いやし) 」であると思います。
鍼治療でリラックス状態を作り、不眠を解消して次の日に疲れを残さないようにしていくと健康な状態を維持できると思います。

投稿者: 二葉鍼灸療院

2015.04.30更新

最近、手や足の指先の痛みやしびれを訴えられている人が多くおみえになります。この原因を探ることは難しいですが、おおまかな鑑別は以下の通りです。
まず、親指だけ、人差し指から薬指だけ、小指だけというように、指の部分の痛みやしびれであれば首や腰の変形などが原因だとわかります。この場合、片側です。
しかし、左右の全部の指が痛かったりしびれたりしているものは注意が必要です。この場合、一番多いものが末梢神経障害といって、その部分が悪いのではな く、神経が変化して痛みを出して感じているだけのものがあります。この原因は老化が主であることが多いのですが、糖尿病合併症でも起こってきますので、注 意が必要です。
また、首では頚髄症、腰では脊柱管狭窄症といって最終的に寝たきりになってしまうような病気でも全部の指の痛みやしびれが起こってきます。
最近では検査をされておられる人が多いので、血糖値をお聞きすれば糖尿病の状態がわかります。また、私達が行う徒手検査で頚髄症や脊柱管狭窄症もある程度把握することができます。もちろん、首や腰のヘルニアなどの病態にも対処できるように日頃から訓練をしております。
したがいまして、総合的に判断をして皆様方にその原因をわかりやすく説明させていただいておりますので、心当たりの人がご相談下さい。
さて、このような病気に鍼治療で効果があるかどうかということですが、首や腰の変形には効果があることはすでにおわかりだと思います。頚髄症や脊柱管狭窄 症では進行を防ぐことは十分可能だと思います。そして末梢神経障害ですが、鍼治療により血行を改善すると症状が和らぐことも私達の経験からわかっていま す。
鍼治療で糖尿病のコントロール状態を良好にして合併症の進行を防止することもできますので、是非相談下さい。

投稿者: 二葉鍼灸療院

2015.04.30更新

寒い冬が一段落して、暖かくなってきました。暖かくなると人間本来の機能も向上して、気分が良くなって活動的になれます。このような時期に気を付けられる ことは、「やりすぎ」です。今まで掃除をしていなかったところを掃除したり、行ってみたかった所に外出したりと何かと無理をする時期です。冬の間に身体を 動かしていた人は問題がないのですが、冬に家で冬眠をされておられた人が急に活動を始めると、ぎっくり腰や膝の痛み、肩の痛みをはじめ、疲れやすくなった り、めまいや耳鳴りなどの症状がでてくる場合があります。
今まで使わなかった筋肉を使うことによって出てくる痛みが腰痛であったり膝痛、肩の痛みなのです。
先月に体温調節について述べましたが、自律神経のバランスを崩しやすい時期でもあります。
疲れやすいとか身体がだるいといった症状も、使わなかった筋肉を急に使ってでてくる筋肉疲労が溜まって疲れたり、だるいといった症状を引き起こしている可能性があります。
外出をして身体を動かすということは大変良いことです。どんどん行っていただきたいと思いますが、急なやりすぎはいけません。徐々に様子を見ながら行っていただいた方がいいと思います。
しかし、ご安心下さい。思い当たる原因があってやりすぎで調子を崩した症状に対しては早めの鍼治療開始で早く改善することができるのです。
当院で治療をさせて頂いている中で感じることは、原因がわかっている場合には早く良くなることが多いのですが、何もしていないのに痛くなってきたとか、調 子が悪くなってきたというのに対しては改善するのに時間がかかることが多いように感じます。なので、積極的に怖がらずに様々なことにチャレンジしてみて下 さい。
鍼治療で自律神経のバランスを整えることができますし、症状が出てからでも症状を和らげることができますので、ご相談下さい。

投稿者: 二葉鍼灸療院

2015.04.30更新

寒い冬から徐々に暖かくなりつつあります。昨日まで最高気温が18℃あったのに、今日は10℃くらいしかないという気候では環境の変化についていけず、身体の中では様々な変化が起きてきます。
もっとも気を付けなくてはいけないことは体温調節です。体温調節は主に自律神経が行っています。暖かい時も寒い時もあまり変わらず同じような服装でいる と、体温調節を頻繁に自律神経が働かなくてはいけません。ここで、何らかのストレスや体調が良くないと自律神経が正常に働かなくなり、体温調節がうまくい かず、微熱が出たり、顔だけが熱くなったりという症状が出てきます。
自律神経は寒い時には体温を高く維持しようとしますし、暑いと汗をかいて体温を下げるように働くのですが、暑いとか寒いとかが続くと自律神経が混乱して間違った操作をしてしまうので、熱が出たり急に汗が出たりします。
自律神経のバランスが崩れると上記の症状だけでなく、頭痛、めまい、耳鳴りをはじめ、身体がだるいとか不眠、喉がつまるなど様々な症状が出てきます。これ からの季節にこのような症状が出てきた場合には自律神経のバランスが悪くなって引き起こされる症状の可能性が高いものと思われます。
日常生活では、温かい部屋からトイレなど寒い所に行く時には服を1枚着て行くのがいいと思います。なるべく、温度差を身体に与えないことが肝心です。ま た、乾布摩擦などを行ったり、軽く散歩などをして身体を動かすと自律神経の状態が元に戻ることが多いので、是非行って下さい。上記のような症状に対して不 安があると益々悪くなりますので、気にしないように心がけるのがいいと思います。
鍼治療で自律神経のバランスを整えることができますし、症状が出てからでも症状を和らげることができますので、ご相談下さい。

投稿者: 二葉鍼灸療院

月に一度、お体と鍼灸にまつわるお話をご紹介しております

名古屋市にある当治療院では、毎月の月初めに「ふたばだより」を発行しております。お便りの内容はホームページでもご確認いただけますので、ぜひご覧ください。
月ごとに、起こりやすい体の不調を取り上げ、東洋医学や鍼灸治療の作用などを解説しております。冬の寒い時期には風邪やインフルエンザ、春先には花粉症など、お困りの方が多い症状とその原因や改善法などについて書いております。
「ふたばだより」をお読みになって、名古屋市の当院に初めてご来院される患者様も珍しくありません。鍼だけでなく、東洋医学に造詣の深い院長なら安心と足を運んで頂いております。東洋医学に詳しく鍼治療のベテラン院長が施術をいたしますので、お気軽にご相談ください。