2020.07.31更新

 ジメジメした梅雨、今年は晴れ間もあって助かりますが、高温が続き、体力が消耗されます。雨降りは低気圧の状態なので、血行が悪くなる時期でもあります。
今日は30度を超える真夏日でしたが、昨日は肌寒い感じがあったというように気温が一定ではなく、体温調節をする自律神経が忙しい時期なのです。
したがいまして、梅雨の日は低気圧で血行があるく、温度差により自律神経が疲弊する時期なのです。

めまい、耳鳴りといった症状や胃腸の調子が悪いとか冷え性、疲れやすいといった症状を訴えられるほとんどの人が自律神経の状態が悪いことによる症状です。なので、梅雨の時期はこのような症状が強く出てきてしまいます。強く出ているので、状態が悪くなったと思わないでください。自律神経は気持ちの持ちようによって作用が大きく左右されます。
もうだめだとか、将来はどうなってしまうのだろうといった不安が強いと自律神経の状態は益々悪くなり、症状がさらに強く出てしまいます。「病は気から」「気持ちの持ちよう」といったことわざがあるように、気持ちがふさぐと益々症状が出て悪い方向へ行ってしまいますが、うまく自分の気持ちをコントロールして、「今は我慢の時、そのうち状態が上向いてくる」と思えば症状が強く出ることなく、落ち着いてくるものです。
気温差は体温調節をする自律神経が活躍しなければなりません。体温が上がれば汗をかいて体温を下げ、体温が下がれば汗を止めて体温を上げるように働きます。
梅雨が上がれば暑い夏が来ます。熱中症対策で汗をかける体作りのために、今から体を動かして全身からまんべんなく汗がかけるように体を鍛えて下さい。
鍼治療は自律神経のバランスをとる良い治療法です。是非ご相談ください。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
二葉鍼灸療院
http://www.futaba-shinkyu.net/
住所:愛知県名古屋市港区港楽3-2-7
TEL:052-653-2849
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

投稿者: 二葉鍼灸療院

2020.04.14更新

4月に入り、日増しに暖かくなり桜が咲き、春本番を迎えました。新学期が始まったり、新しい職場になったりと、希望に胸を膨らませる時期です。
しかし、コロナウイルスの感染が蔓延して、社会が大変混乱しています。
当院に来院される患者さんでも、公共交通機関を使われてみえる人が少なくなりました。しっかりした感染予防対策が必要です。
感染予防対策として、まず、しっかり食べ、よく寝て、適度に動く、この三つが基本になります。
栄養をしっかり摂ることで体力を付け、しっかり寝ることで体調を整えて、感染しにくくさせることが必要です。
また、適度に動くことで免疫力を上げることができます。動くということは怪我をする可能性が高くなる
ということで、身体は怪我をしたらすぐに治そうとするために免疫力を高くして準備をしています。適度に動くことがいかに重要かわかると思います。
この三つを常に心がけ、積極的な感染予防を実施していきましょう。
ところが、実はこの三つを実施することが困難なことが多いようです。つまり、不必要な外出を禁止するということは、適度に運動できないということにつながりますし、しっかりした食材を手に入れてしっかり食べることができなくなります。また、適度な運動がないと疲れないので眠りにくくなり、体調には良くありません。
散歩は不要な外出ではなく、自分を守るための対策であると考えてください。
鍼治療は、免疫力を上げる良い方法です。上記の三つと鍼治療で、インフルエンザや風邪、ひいてはコロナウイルスにもかかりにくい身体作りを心がけましょう。
ただ気をつけていただきたいことは、動かしすぎで腰や肩、手首などを痛めてしまう人が毎年おられます。徐々に始めてください。
鍼治療は病気を未然に防ぐことができるような身体作りをする良い治療法です。是非ご相談ください。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
二葉鍼灸療院
http://www.futaba-shinkyu.net/
住所:愛知県名古屋市港区港楽3-2-7
TEL:052-653-2849
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

投稿者: 二葉鍼灸療院

2020.04.14更新

今年は暖冬、しかし、これから温度変化が激しく、体調を崩しやすくなります。
インフルエンザも怖いですね。風邪もひくかもしれません。めまいや耳鳴り、身体がだるい、胃腸の調子が悪い、頭痛、腰痛、膝痛など様々な症状が出るかもしれません。これらの症状が起きる原因は何でしょうか?
インフルエンザにかかりました、これはウイルスのせい?西洋医学的な考え方ですとウイルスが悪い、だからウイルスを撲滅することを考えます。様々な症状に対してその原因を追求し、その原因を排除して病気を治すというシナリオが西洋医学的な考え方です。しかし、症状はあっても原因が特定できないものがたくさんありますので、この分野での西洋医学は無力なのです。首や腰のヘルニアがあるから痛みがあると考え手術をして排除しました。でもその後の症状は取れませんでした。ヘルニアが直接的な原因ではなくて手術をしただ「損」といったケースはいくらでもあります。
病気はすべて病気になるべきしてなった!と考えていただき、今までの自分を反省するべきなのです。
風邪やインフルはウイルスにとりつかれてしまった自分の状態が悪かったから発症したと考えられます。したがいまして、食事や睡眠、適度な運動を取り入れて体調を整えていれば発症しなかったかもしれません。
ヘルニアは10歳代にできますので、70歳になった時までずっと持ち続けているのに、急に痛くなった・・。これはむしろ運動不足で筋力低下が痛みを招いていると考えれば適度な運動で筋力を維持していけば痛みは改善できると思います。
日常の生活の中に、病気を治すツールを取り入れて自分で予防、治すということを考えて下さい。鍼治療は病気にならないような身体作りをするお手伝いができる治療法です。是非ご相談ください。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
二葉鍼灸療院
http://www.futaba-shinkyu.net/
住所:愛知県名古屋市港区港楽3-2-7
TEL:052-653-2849
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

投稿者: 二葉鍼灸療院

2019.04.30更新

 寒い時はしっかりお風呂に入って体を温め、しっかり睡眠をとりましょう。夏と違い寝苦しくないので冬の方が良好な睡眠をとりやすいです。

よく寝た気がしないと言われるのを耳にしますが、本当に寝てないですか?昼間に気が付くと寝ている、ひどい時には車の運転中に寝ているという状態は危険です
が、そうでない人は夜はそれなりに眠れているのです。
もちろん、昼食後に眠くなるというのは普通にあることですから心配はいりません。眠たかったら、30分くらい昼寝をしてください。
若い人は10時間でも15時間でも眠ることができますが、年をとるとそんなに寝なくても大丈夫です。70歳を超えたら、3~4時間でもいいのです。
人間は人生の1/3は寝ています。60歳の人は20年くらい眠っているのです。残りの2/3を有意義に過ごすための睡眠は大変大事です。
大事な睡眠ですが、一晩寝れなくても大丈夫、次の日には絶対眠れますので、眠れなくても焦らないいことです。焦れば焦るほど眠れなくなります。
夢ばかり見てなかなか眠れなかったと言われる人がいますが、実は夢を見る前後には深い睡眠がありますので、しっかり寝ていますので心配いりません。
眠れないと元気が出ませんし、元気が出ないとお腹が減りませんので食欲がなくなる、動かないと疲れないので眠れないといった悪循環に陥ることになります。
そこで、この悪循環をどこかで断ち切らないといけません。不眠症が続いていると思われる人のほとんどが外出していない、つまり身体を動かしていない人です。
したがいまして、適度な運動をして身体を疲れさせることをまず始めていただきます。そうするとご飯がおいしくなります、そうすると力が湧いてきます。
鍼治療も自律神経を整え、良い睡眠を誘導することができる治療法ですので、運動と鍼治療で不眠症を克服していきましょう。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
二葉鍼灸療院
http://www.futaba-shinkyu.net/
住所:愛知県名古屋市港区港楽3-2-7
TEL:052-653-2849
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

投稿者: 二葉鍼灸療院

2018.09.12更新

 

酷暑が続きますが、このような時期は体温調節がうまくいっていない人が多くいます。実際には、顔だけ熱い、お腹だけ熱いというように、部分的に熱がこもっている感じです。これらが全身に波及していくと発熱?風邪?というようになり、身体がだるくなり、寒気もして状態が悪くなってくる人が多いように思います。
これらの原因はほとんどが自律神経の状態が悪い人がなりやすいです。もっと詳しくみてみると、神経疲れがひどい人がなりやすい
のです。
忙しく動き回って神経を使い、疲労が溜まった人になりやすいです。また、ちょっとしたことが気になっていつまでも考え込む人もなりやすいです。
自律神経の乱れは体温調節が乱れて、暑くもないのに急に汗が出てしまったり、顔だけ汗をかいてし
まうので、タオルが常に欠かせない人も多いのです。
「顔がほてる」という症状は更年期障害の症状の代表的なものですが、やはり原因は自律神経なのです。めまい、耳鳴り、突発性難聴、身体がだるい、胃腸の調子が悪いなどの症状も自律神経の乱れからくる症状のひとつです。
これらの症状をなんとかできないかということですが、まず、身体を動かして汗をかくということをしなければいけません。身体を動かすと体温が上がるので、自律神経に働きかけて汗を出させ、体温を下げるという作業を自律神経にしてもらうのです。自律神経を鍛えるのです。
不眠やうつ病にもこのような運動をして自律神経を鍛えて治すことができます。
鍼治療は自律神経に働いて、正常な状態へ導くことができます。もちろん、副作用はありません。
健康管理の鍼治療でもう少しの夏を乗り切って頑張ってください。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
二葉鍼灸療院
http://www.futaba-shinkyu.net/
住所:愛知県名古屋市港区港楽3-2-7
TEL:052-653-2849
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

投稿者: 二葉鍼灸療院

月に一度、お体と鍼灸にまつわるお話をご紹介しております

名古屋市にある当治療院では、毎月の月初めに「ふたばだより」を発行しております。お便りの内容はホームページでもご確認いただけますので、ぜひご覧ください。
月ごとに、起こりやすい体の不調を取り上げ、東洋医学や鍼灸治療の作用などを解説しております。冬の寒い時期には風邪やインフルエンザ、春先には花粉症など、お困りの方が多い症状とその原因や改善法などについて書いております。
「ふたばだより」をお読みになって、名古屋市の当院に初めてご来院される患者様も珍しくありません。鍼だけでなく、東洋医学に造詣の深い院長なら安心と足を運んで頂いております。東洋医学に詳しく鍼治療のベテラン院長が施術をいたしますので、お気軽にご相談ください。