2020.12.16更新

今年の1年はコロナ一色でした。まだまだ続くような感じで、日常生活を脅かしています。仕事の形態が変わってしまった人もみえます。
家で仕事をするようになって運動不足とストレスがたまり、肩こりや不眠といった症状を引き起こす人も多くみえました。また、普段いないご主人がいることによって奥様のストレスも多くなり、調子を崩す人も多くみえました。
コロナウイルスは感染すると怖いですが、しっかり予防をするとかかりにくく、感染を回避できるものです。手洗いやうがい、マスク、密の部屋に長時間いないなどの基本を守れば怖くありません。
また、体調を崩している時は免疫力が落ちているため感染しやすくなります。
体調を整えてウイルスに立ち向かうためには、まず睡眠です。そしてバランスの良い食事と適度な運動です。なお、運動は外を散歩する程度で良く、これは食事がおいしくいただけるのと、身体が疲れて眠りやすくするためのものです。
外を散歩される時はマスクの着用がなくて大丈夫です。ただし、二人以上で歩くとか、歩いている時に知人に会って話をしてしまうような場合は必要です。外にいる場合にはウイルスの数が極端に少なく感染することはないのでマスクは必要ありませんが、人との会話で感染する場合もありますので、常にマスクは携帯しておいてください。
この冬はインフルエンザも心配です。暖かかったり寒かったりの差があるようで、このような場合には自律神経が疲れやすくなり、体調が悪くなりやすいです。
最近の気象条件は悪く、台風や爆弾低気圧などが来て住みにくくなっています。
これからの時期は細かいことは気にせずに、ゆったりとした気持ちで過ごしてください。良いお年をお迎えください。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
二葉鍼灸療院
http://www.futaba-shinkyu.net/
住所:愛知県名古屋市港区港楽3-2-7
TEL:052-653-2849
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

投稿者: 二葉鍼灸療院

月に一度、お体と鍼灸にまつわるお話をご紹介しております

名古屋市にある当治療院では、毎月の月初めに「ふたばだより」を発行しております。お便りの内容はホームページでもご確認いただけますので、ぜひご覧ください。
月ごとに、起こりやすい体の不調を取り上げ、東洋医学や鍼灸治療の作用などを解説しております。冬の寒い時期には風邪やインフルエンザ、春先には花粉症など、お困りの方が多い症状とその原因や改善法などについて書いております。
「ふたばだより」をお読みになって、名古屋市の当院に初めてご来院される患者様も珍しくありません。鍼だけでなく、東洋医学に造詣の深い院長なら安心と足を運んで頂いております。東洋医学に詳しく鍼治療のベテラン院長が施術をいたしますので、お気軽にご相談ください。