2015.04.30更新

猛暑が続きましたが、過ごしやすい時期がやってきます。しかし、この時期には体調を崩す人が多くなる季節でもあります。昔から「食欲の秋」といわれるよう に、夏の疲れを癒すため、冬に備えるための大切な時期なのです。しかし、この時期は季節の変動が大きく、気温差、気圧差(台風など)などがあって、この変 動についていけなくなって体調を崩すのです。具体的な症状として、微熱、身体がだるい、疲れやすい、風邪をひく、めまい、胃腸障害(食べ過ぎ?)、筋肉や スジを痛める(季節が良くなって動き過ぎ?)などがあります。
これらの症状は季節の関係からくることが多いので、一時的なことが多く、気にしないよう心がけて下さい。不安に思っていると、さらに悪くなり、長引いてし まいますので、注意が必要です。ただし、長引いている時には何か他に原因があるかもしれませんので、専門医に相談された方がいい時もあります。
身体を動かしたほうがいいことは誰でもわかっていますが、今年のように35度を上回る猛暑では外を歩くことができず、涼しくなってきたら始めようと考えて おられる人は多いともいます。それでいいと思いますが、やり過ぎには注意して下さい。毎年、やり過ぎて悪くなる人がおられます。でも、やり過ぎにはすぐに 鍼治療を行うとすぐに良くなりますので、気にせずに行って下さい。
身体を外で動かして汗をかくことで自律神経が鍛えられ、様々な症状が改善してきます。初めは10分くらい行い、慣れてきたら徐々に時間を伸ばして歩いて下 さい。鍼治療は痛みが楽にして動かしやすくすることができますし、筋肉の血行を良くることで、効率良く筋力を増強することが可能です
鍼治療は体調を良くして運動しようとする「やる気」を起こさせる良い治療法だと思います。心当たりがある人はご相談ください。

投稿者: 二葉鍼灸療院

2015.04.30更新

本格的な夏を迎え、メディアでは熱中症で搬送された人が多いとの報告をよく耳にします。食欲がなくて体力が衰え、身体がだるいと思っている人は熱中症になりやすいと思います。したがいまして、今回はこのことについて述べてみます。
年々暑くなってきていますが、冷房は欠かせないものとなってきていますが、冷房にあたるということは運動不足の可能性があります。当然食欲も減り、抵抗力 がなくなってきて身体もだるくなってきます。家にいるだけではこの夏を乗り切る体力を維持することは不可能であると思います。
そこで、基本は用事を作り外出することをお薦めします。日用品の買い物など様々な用事を毎日の日課にして1日に1度は外出し、身体を動かしてください。あ る程度汗をかくことは人間には必要で、同じ温度帯で暮らしていると汗をかきにくい身体になり、体温調節がうまくいかなくなります。
身体を動かすことで、食欲も出てきますし、身体の血行が良くなり、身体のだるさも解消されます。
もちろん、炎天下の中を長時間歩くことは熱中症になってしまうので、このことはご注意下さい。
胃腸の調子を整えるためには、まず水分をとる場合には水は冷やしたものではなく、できれば常温がいいと思います。冷蔵庫から出してきたものでは飲む10分前に出してからにして下さい。
食欲が少ない時には豆製品、たとえば、豆腐や納豆などをいただき、良質のタンパクをとるように心がけてください。
睡眠は大切なことなので、ある程度身体を疲れさせて深い眠りになるよう、昼間の運動は欠かせません。
鍼治療は体調を整える良い治療法だと思います。心当たりがある人はご相談ください。

投稿者: 二葉鍼灸療院

2015.04.30更新

梅雨に入り、体調を崩す人が増えてきました。体温調節がうまくいかず、微熱が続く、咳が出て治らないといった症状でお悩みの人が多くみえます。
雨模様で外出が少なくなると運動不足になって筋力が低下して、痛みを訴える人が多くなってきました。先月にも述べましたように、気圧が低くなることで血行 が悪くなり、それだけでも痛みが強く出てくるのに、筋力が低下すると益々痛みが強くなってきます。今回は筋力低下がどのように影響するか述べてみます。
筋肉は身体を動かすだけの役割だけでなく、関節を保持する役割もあります。したがいまして、筋力が衰えると関節の保持ができなく、関節がゆるくなって、関 節がガタガタになり、その部分に体重が乗ると骨が体重を直接させることになり、骨が傾いていると関節全体に体重がかからなくなり、部分的に擦れ合うように なります。この刺激が炎症となり、痛みにつながってきたり、腫れてくるのです。
腰や首の痛み、膝の痛み、股関節の痛みなどが代表的な疾患になります。
このような部位の痛みが起きてきたら、どうするのが一番いいかといいますと、痛みがある程度取れてきたら、動いて筋力を増強することが必要です。
もっと具体的に言いますと、歩くことが日常でできる一番の方法であると思います。理想は毎日1時間ほど歩くことがですが、初めからは無理なので、最初は1日おきでもいいので、5分とか10分行い、慣れてきたら徐々に時間を伸ばしていくことがいいと思います。
鍼治療は痛みが楽にして動かしやすくすることができますし、筋肉の血行を良くることで、効率良く筋力を増強することが可能です。
鍼治療は部分の血行を良くし、痛みの疾患に対して良い治療法だと思います。心当たりがある人はご相談ください。

投稿者: 二葉鍼灸療院

2015.04.30更新

今年は少し早く梅雨入りしました。今年の梅雨は晴れと雨が交代に来るという気象庁の予報ですが、どうなるでしょうか?
さて、雨の時には低気圧になります。このように気圧が低下すると身体には様々な変化が起きてくることがわかってきました。そのひとつが痛みが強くなるとい うことです。膝や腰が普段から痛い人は雨の前の日に痛みが強くなり、もうすぐ雨だと予報できる人がいますし、一度は経験されたことがあると思います。
この現象がどういったことから起こるかについては現在でも研究段階で、不明な点が多いのだそう。原因の一つといわれているものが、自律神経によるものです。気圧が1低下すると交感神経が緊張して痛みを感じる経路が興奮して痛みが強くなるということが知られています。
このような痛みを「気象痛」と呼んでおり、実際に尾張旭市の慢性化した痛みを有する患者さんに対して愛知医科大学のチームがアンケート調査を行った結果、 23%の人が天気の崩れに関連して痛みが悪化すると回答されています。アメリカの調査では、なんと68%という結果もあり、かなりそういった患者さんが多 いという結果が出ています。
天気の崩れから痛みが強くあるひとつに、血行が悪くなることも考えられますので、これらの対処法として、血行をよくする意味で、よく動き、冷やさないように注意をし、適度なストレッチが有効であると思います。
とにかく、今の時期に痛みが強くなった時は、病気が悪くなったのではなく、痛みが強く出ているだけで病気は悪くなっていないという考えのもとに、痛いのを和らげるために、よく身体を動かすということが必要なのです。
鍼治療は部分の血行を良くし、気象痛に対して良い治療法だと思います。心当たりがある人はご相談ください。

投稿者: 二葉鍼灸療院

2015.04.30更新

最近、テレビのCMで関節が痛い時にはコラーゲンやコンドロイチンが多く含まれているサプリメントが数多く紹介されています。このことはよく患者さんに聞かれますので、私なりの私見を述べさせて頂きます。
関節の軟骨や椎間板がすりへったことが原因で関節が痛い、首や腰が痛い、いわゆるひとつの老化から痛みが出てくることは誰にでもあることです。
組織を修復して治していくためには血液が届き、その代謝によって様々な物質がその部分に届いて治していきます。たとえば、運動後の筋肉痛は血液循環によっ て壊れた筋肉線維を治していきます。皮膚ですと擦り傷や切り傷に血が出ますが、この部分に血液が集まり組織を修復していくのです。一方、関節軟骨や椎間板 には血管がなく血液がめぐっていません。これらの代謝は水分の出入りによって行われていますので、サプリを飲んで血液中にその成分があっても肝心な関節軟 骨や椎間板には届きにくいので、修復されにくい所なのです。
なので、一度すり減ってしまった関節軟骨や椎間板を修復する意識よりも、これ以上すり減らないような対策を行った方がいいということになります。
例えば、膝関節の痛みですと、周りの筋肉が弱くなっているから膝関節の一部分に負荷が強くかかって痛みが出るので、血行を良くして関節を動かし、周囲の筋肉を丈夫にすると、関節軟骨に負担が少なくなり、痛みが和らいでくるのです。
運動の時に様々な部分に破綻を来さないようする目的でサプリを服用するなら効果があると思いますが、サプリを飲んでいるが運動はしていなのでは、意味がないと私は思います。自分自身の努力が必要なのです。
鍼治療は筋肉の血行を良くし、効果的に筋肉を丈夫にできる良い治療法だと思います。心当たりがある人はご相談ください。

投稿者: 二葉鍼灸療院

月に一度、お体と鍼灸にまつわるお話をご紹介しております

名古屋市にある当治療院では、毎月の月初めに「ふたばだより」を発行しております。お便りの内容はホームページでもご確認いただけますので、ぜひご覧ください。
月ごとに、起こりやすい体の不調を取り上げ、東洋医学や鍼灸治療の作用などを解説しております。冬の寒い時期には風邪やインフルエンザ、春先には花粉症など、お困りの方が多い症状とその原因や改善法などについて書いております。
「ふたばだより」をお読みになって、名古屋市の当院に初めてご来院される患者様も珍しくありません。鍼だけでなく、東洋医学に造詣の深い院長なら安心と足を運んで頂いております。東洋医学に詳しく鍼治療のベテラン院長が施術をいたしますので、お気軽にご相談ください。