2015.04.30更新

スジのトラブル?非常に俗的な言葉ですが、最近多い訴えは肘が痛い、指が痛い、手首が痛いといったトラブルです。そして、このような訴えが多い人は女性で、50~60歳代に集中しています。
女性がこの頃には更年期あたりで、やはり女性ホルモンの減少が影響しているのか、指の腱鞘炎や手首や肘の筋肉のスジ (腱) を痛められる人が多いのです。もちろん、今まで同じような作業をしていても、筋力が弱くなったことによる疲労からくる痛みも考えられます。
指が伸びないといったいわゆる弾発指というのもこの更年期に影響が出ていることが考えられます。
男の人では、体中の筋肉の腱を痛めやすい人も多くみえます。部位としては太ももの後ろ、ふくらはぎ、股関節、肘・手首といったところで、男性の場合は家系 (遺伝) もあるように感じます。
どちらにしても、筋力の低下や血行が悪いことが原因でこのような症状を引き起こされる場合が多いので、適度な軽い運動が予防につながると思います。
筋肉のスジを痛めた場合、使わないように安静にしていると1ヶ月くらいで痛みが取れてくることが多いのですが、こういった対処法を行うと痛みが取れても動かせばすぐに再発することもあります。このような方法はあまりお勧めできません。
このような時には適度に動かして血行を良くし、これからの時期には冷やさないように心がけて下さい。冬場には温めるためにカイロをあてるなどの対処法が早 く良くなってくると思います。筋肉が痛いとすぐに冷湿布を貼る人がいますが、温めて血行を良くすることが最良なので、逆をやってしまっていることになりま す。
適度に身体を動かして筋力を上げることが必要です。
鍼治療は筋肉の血行を良くして効率よく筋力を上げる助けができますし、痛くて動けない人の痛みを早めに和らげて、運動が始められる助けにもなります。

投稿者: 二葉鍼灸療院