2015.07.03更新

寒さが緩んで外を出歩く回数が多くなってくる季節です。この頃のトラブルとして、筋肉の痛みが多く、毎年この頃から訴えられる患者さんを多く経験いたします。もちろん、ギックリ腰もその代表例ですが、その他にはお尻の痛みだったり、足の痛みだったり、わき腹や腕の痛みだったり様々です。

最も多いのが、お尻や足の痛みです。この原因がいろいろ考えられますが、寒かった時期に動かしていなかった筋肉は弱っており、急に動かしたことによる疲労からくる痛みが多いように思います。

筋肉の痛みに対してすぐに湿布で冷やす人が多く みられますが、それは間違いです。この頃の筋肉の痛みの原因には寒さによる冷えも大きく関係していますので、冷やすのは逆効果なのです。むしろ温めないといけません。

つまり、動かしたことによって壊れた筋肉の線維を早く治していくには血行を良くしてあげることで筋肉の修復力が上がってきますので、温めてあげることと同時に、痛くても無理のない範囲で動かしてあげることで血行を良くすることができ、結果的に早く筋肉を正常にして痛まないようにすることができます。

その他の対処法としてはストレッチをお願いしています。痛めている筋肉に直接作用するストレッチを行っていただくようにお伝えさせていただきます。

筋肉の冷えから起こる痛みですので、血行を良くするためにはカイロを当てたり適度に動かして、同時にストレットをすることで血行を良くして早く治るように働きかけます。また、鍼治療がこのような時には有効で、筋肉の血行を良くするだけでなく、痛みを和らげることが可能です。

筋肉のトラブルの大きな原因は運動不足による筋肉の弱りです。適度は運動と鍼治療で治療と予防が可能です。

投稿者: 二葉鍼灸療院