2015.07.03更新

これからの時期、腰痛や膝痛を起こしやすい時期です。前回の「ふたばだより」に書きましたが、痛みの原因は運動不足で筋肉ガ弱っているところに暖かくなって身体を動かす機会が増えたことによるものです。

このような状態にはもちろん鍼治療がいいのですが、普段から何に気をつけたらいいのでしょうか?

それには常に血行を良くすることを考えないといけないのです。足をひねって捻挫をした場合には赤く腫れて熱が出てきますが、この時に血行を良くするとさらに腫れて大変なことになります。このような時には冷やして熱をとるようにしなければいけません。
ところが、腰痛や膝痛の場合、触っても熱がない場合が多く、この時に冷やすと逆効果なのです。

つまり、温めてあげることで血行を良くして早く痛みが解消できるということです。痛みに苦しんで来院される患者さんで多いのが、病院でもらった冷やす湿布を貼られていることです。こういった人が非常に多いという印象を受けています。

確かに、発症してすぐには冷やす方法が良い場合もありますが、2~3日したら逆に温めて血行を良くする方ガ早く良くなると思います。

したがいまして、赤く腫れている、熱があるという時以外は基本的に温めることが大切です。また、腫れていて熱がある時でも、冷えなどで痛みが出ている、疲労による痛みに対し、すべての原因によるものでも鍼治療が有効です。熱があれば炎症を抑え、血行が悪くて痛みが出ていれば血行を良くすることができます。

鍼治療は最良な状態に戻していくことが可能なのです。鍼治療とともに、適度に温めて早めに痛みを完全させ、適度な運動が1日でも早く行えるようになるように努めましょう。

投稿者: 二葉鍼灸療院