2012.10.17更新

   急に寒い時があると、体調を崩しやすいですね。やはり一番は風邪でしょう。次に多いのが痛みの悪化です。
  腰や膝、首や肩の痛みが増したり、以前に悪かった部位が治っていたけれど、また再発したといった症状は特徴的です。
  交通事故後の示談が終わって、ある程度良くなっていたのに最近徐々に痛みや重だるさといった症状が出てきたという時には、はやり季節の変わり目であり、冷えからくる症状であると思います。
  そして、あまり気にされる人は少ないですが、微熱や疲れやす・だるさ、めまい・ふらつき、耳鳴りといった自律神経症状が出てくる場合もあります。
  暑い、寒いを繰り返したり、台風の影響で気圧が急激に変化すると体温調節が忙しくなり、これを司る自律神経に負荷がかかり自律神経のバランスを崩して様々な症状が出てくるのです。このような症状は血液検査やレントゲン、MRIなどで異常がなく、西洋医学的な治療が無効の場合が少なくありません。
  そんな時には自律神経のバランスを整える鍼灸治療、鍼治療が最適だと思います。
  局所の血行改善にもいいので、是非、受けてみてください。

投稿者: 二葉鍼灸療院